ダイエットは二日酔い対策にもなる ~正しい糖質の摂取~

適度なダイエットで「脂肪肝」を防ぐ

糖質の摂取二日酔いを防ぐためにも、適度なダイエットは有効です。

なぜかというと「脂肪肝」を防げるからです。

脂肪肝というのは文字通り「肝臓に脂肪が溜まっている状態」です。

この状態になると、当然肝臓の動きは鈍くなります。

そのためアルコールの分解も遅くなります。

これを防ぐためには、適度なダイエットをして肝臓の脂肪を落とす必要があります。

スポンサーリンク

肝臓など内臓につく「内臓脂肪」は、皮下脂肪と違い外見上はわからないため、落としにくいものです。

外見は痩せているのに、内臓脂肪は肥満レベルに達している「肥満予備軍」の方は、意外と多くいます。

最近はオムロンの体重計など、手軽に内臓脂肪の量も測定出来る健康器具が増えています。

こうしたもので内臓脂肪を小まめにチェックするようにし、脂肪肝を防ぎ二日酔いになりにくい体質に近づきましょう。

糖質はしっかりと摂る

上に書いたダイエットは、あくまで「適度」である必要があります。

痩せるためとはいえ「糖質を摂取しない」というような極端なダイエットをしてはいけません。

なぜなら、糖質は「肝臓の活動のエネルギー」になるからです。

肝臓がせっかく脂肪を落として動きやすい状態になっても、動くための「ガソリン」がなければ活動は出来ないのです。

スポンサーリンク

つまり、肝臓の脂肪を落としつつも、糖質はしっかりと補給してあげるということが必要です。

これはもちろん矛盾ではなく「新陳代謝の活発な状態を作る」ということです。

運動をしていない、新陳代謝の乏しい人の場合は、糖質(カロリー)は「蓄積されるもの」です。

しかし、運動をしている新陳代謝の活発な人の場合、カロリーというのは「カロリーを燃やすための燃料」になるのです。

つまり、「カロリーを摂った方が、むしろカロリーを燃やせる」わけです。(疲れを感じずに運動を出来るため)

一度このような好循環が生まれたら、ダイエットには一切の苦痛がありません。早くこういう状態に達して、自然に二日酔いにならない体質を作れたらいいですね。

糖質は主食で摂取する

同じ糖質を摂るにしても「お菓子」から摂るのと、ご飯やパンなどの「主食」から摂るのとでは、まったく違います。

お菓子は糖質以外の栄養素がありませんが、ご飯やパンには、食物繊維など様々な栄養素が含まれています。

そのため、糖質は主食から摂るというのが大原則です。

お菓子の類は「他の栄養素がない」というだけではなく「酸化した油」が多く含まれています

酸化した油は「過酸化脂質」と言いますが、これを分解するのは肝臓の役目です。

つまり、お菓子を多く食べると肝臓を疲労させることにつながり、いざお酒を飲んだ時にも、二日酔いになりやすくなるということです。

そのため、お酒を飲む時のおつまみも出来るだけスナック菓子などではなく、ちゃんとした食事にした方がいいのです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2017年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ