二日酔いを防ぐ飲み方のポイント

体に「いい酒」「悪い酒」はない

二日酔いを防ぐ飲み方のポイント「酒は百薬の長」といいますが、「ワインは体にいい」などと理由をつけて、お酒を必要以上に飲んでしまう人がたまにいます。

確かに「ワインには抗酸化物質が多く含まれる」などのことは事実です。

しかし「いい酒」だろうと「悪い酒」だろうと、肝臓にとっては全て「アルコール」です。

健康によかったとしても、飲み過ぎたら肝臓への負担が大きくなり、そちらのマイナス面の方が多く出てしまいます。

なので、二日酔いにならないことを考えるのであれば、健康にいいお酒かどうかは関係なく、単純に全てアルコールの数値で考え、飲んだ総量を測るべきなのです。

スポンサーリンク

「チャンポン」が酔いやすい理由

種類が違うお酒を一緒に飲む、いわゆる「チャンポン」は控えましょう。

チャンポンをすると酔いやすいというのは、多くの人が経験上知っていると思いますが、これは「飲み合わせ」が原因ではありません。(風邪薬とお酒を一緒に飲むと危ない、という類のものとは違うのです)

チャンポンで酔う原因は「どのくらい飲んだかわからなくなる」ということです。

種類が違えば数えるのも複雑になりますし、気分転換になるので、楽しんでついつい飲んでしまいます。

お酒の味が変われば合うおつまみの味も変わり、それを食べることでも気分転換になるので、どんどん夢中になってしまうということです。

なので、「飲み合わせ」が問題なのではなく「沢山飲んでしまう」ことがチャンポンの問題なのです。

アルコール濃度の高いお酒は薄める

これも単純に考えて有効な方法ですが、ただ薄めるだけではなく、楽しんで薄めるのが効果的です。つまり、水やお湯だけではなく、ジュースなどで薄めることによって「カクテル」として楽しむわけです。

スポンサーリンク

例えば、

・ワイン
→オレンジジュースを混ぜて「サングリア」

・ウイスキー
→ソーダを混ぜて「ハイボール」

と言った具合です。

もちろんまだまだ無限にこうした組み合わせはあります。

その場にあるドリンクでささっとこういうカクテルが作れると、バーテンダーのようで格好いいので、友人たちにも一目置かれるかも知れません。

もちろん、シンプルに水やお湯で割ってもいいでしょう。

焼酎のお湯割りやウイスキーの水割りなどです。

プロにとっては、「水割りやお湯割りもカクテルのうち」であると言われます。

それだけ、これらの混ぜ方も奥が深いんですね。

こうした「カクテル作り」と考えながら薄めていけば、我慢して二日酔い対策をしているという意識もなく、楽しんで二日酔いを防止できることでしょう。

ぜひこうした対策も試していただけたらと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2017年3月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ