アセトアルデヒドってなに?

アセトアルデヒドは諸悪の根源

アセトアルデヒドアセトアルデヒド又はエタナールと呼ばれているもので二日酔いはこのアセトアルデヒドが原因だと言われています。

アセトアルデヒドはアルコールが体内に取り入れられ肝臓で分解される際に発生するものです。
 
そしてアセトアルデヒド脱水素酵素の働きにより無害なものへと分解されるのです。

このように、アセトアルデヒドは毒素成分が強いことで知られています。
 
飲酒などで発生したアセトアルデヒドは体内でDNAなどと結合して様々な疾患の原因に係わっていると言われています。

また飲酒で発生したものは発癌性があるといわれてもいます。

スポンサーリンク

 
飲酒だけでは留まらず、様々な場所でアセトアルデヒドはその毒性を指摘されています。

建築素材などから発生するものはシックハウス症候群の原因だといわれていますし、煙草の煙などにもアセトアルデヒドは潜んでいます。
 
煙草の場合、ニコチンとアセトアルデヒドの2つの効果により煙草の中毒性を増強させてしまいます。

一昔前のアセトアルデヒドの製造方法では製造過程で生じた水銀が無処理で捨てられており、それが水俣病の原因にもなりました。
 
反対に、アセトアルデヒドの毒性を使った治療法もあるのです。
その治療とは慢性アルコール中毒患者の治療にこの毒素を逆に利用するのです。

アルコール中毒を治す際に使用される薬にはアセトアルデヒドを分解する酵素の働きを抑制する効果があります。
 
分解酵素の働きが抑制されているとアセトアルデヒドの分解に時間がかかり、いつまでたっても二日酔いの症状が出続けている状態になります。

その状態を維持継続させるためにあえてアセトアルデヒドの毒素を利用して酒離れを促すのです。

スポンサーリンク

コメント / トラックバック 5 件

お酒と動悸 | 二日酔い対策情報館

[...] お酒などを飲んだ後、動悸を感じる方がいらっしゃると思います。   これは以下の理由によるものと考えられます。   まずお酒などに含まれるアルコール。アルコールには血管を拡張する効果があります。   拡張されてしまった血管では通常の血流量では到底カバーすることはできません。   それは当然です。血管自体は広くなったのに血流量は通常となんら変わりはないのですから。しかも血管が拡張されたことにより血圧も下がってしまっています。そうすると脳は血液を全身に送るために心拍を高める血流量を増やすことでこれを解決しようとするのです。この結果、「お酒を飲んだあと動悸を感じる」ということになるのです。   お酒を飲んだ直後、動悸を感じるなどした方はお酒に弱い方の可能性があります。   お酒は摂取後、肝臓に送られます。肝臓に送られたアルコールは分解酵素により「アセトアルデヒド」などに分解されるのですが、このアセトアルデヒドが非常に強い毒性を持ち合わせているのです。この毒性により動悸や頭痛、嘔吐や吐き気などを引き起こします。   お酒に弱い方は、アセトアルデヒドを分解する為の分解酵素が弱い、もしくは持っていないためアセトアルデヒドの分解がスムーズに出来なのです。   お酒を飲んだ後、直ぐに症状が出てしまうような方はお酒を控えた方がいいかも知れません。また飲酒直後に動悸を感じる方は、動悸自体は心拍数が上がっているだけなので何かの病気という可能性は低いと思いますが、可能性が低いとはいえ心臓が通常時より早く動いていることに変わりはありませんので、心臓に負担をかけないといった意味では、やはりお酒は控えた方が良いかと思われます。 [...]

日本人のほとんどはお酒に弱い人? | 二日酔い対策情報館

[...] 日本人に限らずアジア人と呼ばれている黄色人種の半分はお酒に弱い人種と言われています。   黄色人種の半数がアセトアルデヒドを分解するためのアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人とその分解酵素がまったく働かない人たちなのです。   しかもこの分解酵素には2種類存在しています。体内にあるアセトアルデヒドの高い時にだけ働くものと濃度が低い時にしか働かないものがあります。人間は本来、高低両濃度に働く分解酵素を持っていたはずなのですが、遥か昔に発生した突然変異によって分解酵素が低濃度時に働きが弱い、もしくは低濃度時に働かない人種が生まれたそうです。この突然変異は黄色人種にしか起きていなく他の人種(黒色人種・白色人種)には現れていないそうです。   この低濃度時で働く酵素の働きが弱いもしくは働かない人達はアルコール分解時に発生するアセトアルデヒドを速やかに分解することが出来ないため、少量のアルコールでも酔っ払ってしまうのです。特に黄色人種のなかでも日本人の場合この低濃度時に働く分解酵素が働きの弱い、またはまったく働かない人が人口の約半分を占めているそうです。   そのうえ、お酒などアルコールに対しての強弱は遺伝するので、親がお酒に強ければお酒に強い子が、親がお酒に弱ければお酒に弱い子が生まれるのです。黄色人種の中でも日本人はお酒に弱い人種なのかもしれません。しかし遺伝とはいえ、その後お酒に強くなることは可能かもしれませんが、あまりお勧め出来るようことではありませんし、お酒に強くなろうとして無理をして体を壊してしまっては本末転倒になってしまうので、弱いなら弱いなりに自分が飲める範囲の飲み方をすればいいのです。 [...]

二日酔いと嘔吐 | 二日酔い対策情報館

[...] アルコールを摂取すると、アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。そしてさらにアセトアルデヒドが酢酸、酢酸が水・二酸化炭素へと分解され体外へと排出されます。   このアセトアルデヒドというものは毒素が非常に強く、その毒素により頭痛や嘔吐などといった症状を引き起こします。さらに嘔吐にはアセトアルデヒドだけではなく、「胃」も関係しているのです。体内に摂取されたアルコールは胃や小腸でも吸収されます。胃では摂取されたアルコールの約30%もの量を吸収するそうです。   その摂取されたアルコールにより、胃粘液が刺激され、大量の胃酸の分泌を促してしまいます。この胃酸により胃が炎症を起こしてしまいます。胃炎を起こしてしまった胃はこれ以上負担をかけないようにと余分なものを体外へと排出するように働きかけます。これが、吐き気や嘔吐の原因とされています。   しかし、原因はこれだけとは言いきれません。他の原因でも嘔吐は引き起こされます。それが食べ物によるものです。お酒を飲む際に一緒に何か食事もすると思います。   これもまた嘔吐の原因ではないかと言われています。食べ物を摂れば当然胃は働きだします。   食べ物の消化事態大変な作業なのにそこへ飲酒によるアルコールの摂取などがかさなり胃事態を疲れてしまいます。嘔吐や吐き気の大きな原因は、もちろん主犯格のアセトアルデヒドであることは間違いありません。がしかし共犯である、アルコールによる胃炎、食べ物摂取による胃への負担増などによる効果が、二日酔い後にくる嘔吐や吐き気原因でもあるのです。 [...]

二日酔いと『代謝』の関係 | 二日酔い対策情報館

[...] 飲酒などでアルコールを摂取すると、肝臓に送られ分解され体外へと排出されます。ありコールは分解酵素によりアセトアルデヒドに分解されさらに酢酸になり最後には水や二酸化炭素などに分解されます。   分解途中で発生するアセトアルデヒドには非常に強い毒素が含まれておりこの毒素によって引き起こされるのが二日酔いなのです。人体には元からアルコールを代謝する能力は備わってはいるもの、代謝能力は個人によって違います。   その代謝能力を超えてしまうと二日酔いになってしますのです。言い方を変えれば、この代謝能力を超えることがなければ二日酔いにはならないのです。   日ごろからこのようなことを気にしながらお酒を飲む事が出来ればよいのですが、よっぽど気にしていなければいけないので、大変だと思いますし、そんなことを考えず飲みたい日もあるかと思います。   ではどうするか?二日酔いは自身の代謝能力を超えてしまった時起こるのですから、代謝能力を上げてしまえば二日酔いになりにくくなるのです!ですが残念なことにこの能力は日本人のような黄色人種は元々この能力が低い、もしくは、まったく無かったりするのです。そこで元から代謝能力が低くい、無いのであれば、他から持って来ればいいのです!   代謝を効率よくしてくれるものをお酒など飲む前後に摂取しアルコール代謝の効率を上げることが出来れば二日酔いに『ならない』とまでは言えませんが二日酔いに『なりにくく』することは可能なのです! [...]

お酒が合う人合わない人 | 二日酔い対策情報館

[...] 同じお酒の量を飲んでいるのに全然普通で酔っ払わない人、最初の一杯で全身真っ赤になりベロベロになっちゃう人、お酒に対する反応って人それぞれですよね?それではお酒が合う人合わない人、強い人弱い人の何が違うのか見ていきましょう!   お酒が強いか弱いかというのは、その人が持つ「アセトアルデヒド脱水素酵素」の遺伝子構造によって違うと言われています。活性型の「アセトアルデヒド」を肝臓が代謝する能力が優れた「ggタイプ」、全くアセトアルデヒドを代謝しない非活性型の「aaタイプ」、その両方を併せ持った「agタイプ」の三種類が存在します。   この三種類のうち「aaタイプ」「agタイプ」の人はアセトアルデヒドがいつまでも分解されずに体内に残り、お酒の影響を受け易いというわけです。いわいる「お酒に弱い人」「お酒が合わない人」はこのタイプに属するのだと思います。   特に「aaタイプ」の人は最初のビール一杯で信じられないくらい酔っ払ったり、アルコール濃度の弱いジュースみたいなカクテルでもベロベロになり記憶を喪失してしまったりと「お酒を全く受け付けない体質」となるわけです。   グローバルに全世界の人種別に見てみると黒人・白人は「ggタイプ」で「aaタイプ」や「agタイプ」は存在しないと言われています。よくロシア人が強いウォッカを平気でぐいぐい飲んだり、アメリカ人が水を飲むみたいにテキーラを飲み干すのも納得です。   さて、私たち日本人はどうでしょう?   日本人をはじめとするモンゴロイド(黄色人種)は「aaタイプ」が5%、「agタイプ」が45%位存在すると言われています。つまり日本人の半分は「お酒に弱い人」ということになりますね。   自分がお酒が強いか弱いかは大体の人はこの記事や今までの体験でお分かりになると思います。「aaタイプ」や「agタイプ」が無理にお酒に強くなろうと思っても、もともと持ち合わせている能力が「ggタイプ」の人とは圧倒的に違い、一番大事なのは己の限界を知り、上手にお酒と付き合っていくという事なのかもしれませんね。   【関連記事】日本人のほとんどはお酒に弱い人? [...]

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ