お酒と動悸

激しい動悸が起こるようだとお酒は控えめに

動悸お酒などを飲んだ後、動悸を感じる方がいらっしゃると思います。
 
これは以下の理由によるものと考えられます。
 
まずお酒などに含まれるアルコール

アルコールには血管を拡張する効果があります。
 
拡張されてしまった血管では通常の血流量では到底カバーすることはできません。
 
それは当然です。

血管自体は広くなったのに血流量は通常となんら変わりはないのですから。

しかも血管が拡張されたことにより血圧も下がってしまっています。

そうすると脳は血液を全身に送るために心拍を高める血流量を増やすことでこれを解決しようとするのです。

この結果、「お酒を飲んだあと動悸を感じる」ということになるのです。

スポンサーリンク

 
お酒を飲んだ直後、動悸を感じるなどした方はお酒に弱い方の可能性があります。
 
お酒は摂取後、肝臓に送られます。

肝臓に送られたアルコールは分解酵素により「アセトアルデヒド」などに分解されるのですが、このアセトアルデヒドが非常に強い毒性を持ち合わせているのです。

この毒性により動悸や頭痛嘔吐や吐き気などを引き起こします。
 
お酒に弱い方は、アセトアルデヒドを分解する為の分解酵素が弱い、もしくは持っていないためアセトアルデヒドの分解がスムーズに出来なのです。
 
お酒を飲んだ後、直ぐに症状が出てしまうような方はお酒を控えた方がいいかも知れません。

また飲酒直後に動悸を感じる方は、動悸自体は心拍数が上がっているだけなので何かの病気という可能性は低いと思いますが、可能性が低いとはいえ心臓が通常時より早く動いていることに変わりはありませんので、心臓に負担をかけないといった意味では、やはりお酒は控えた方が良いかと思われます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年1月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ