二日酔いのデメリット

二日酔いのデメリットはこんなにある!

デメリット頭痛嘔吐・吐き気・喉の渇き・胸のむかつき・体の震え・記憶がない・アルコール性胃炎・全身の倦怠感・酩酊感・呂律がまわらない、などなど人によって症状は違うものの様々なことがあげられます。
 
このような症状がばかりで二日酔いになってしまったら、いいことなんて一つもありません

体調不良なのですから、仕事に影響が出ない訳がありません。

次の日が休みとかならいいのですが、付き合いでどうしてもってこともあります。

頭痛や吐き気などがあるのに仕事に行っても、どうしても集中できませんし、そんな状態が続けばミスを犯してしまう可能性もあります。
 
二日酔い状態だとまだ体内にアルコールが残っている可能性もあります。

もちろんそんな状態で運転なんてしたら飲酒運転で捕まることは確実ですし、大きな事故に繋がる可能性もあるのです。

運転の直前に飲酒していなからといっても油断は出来ないのです。

スポンサーリンク

 
二日酔いだと思っていたら風邪だったという話もよくあります。

しかしこれで重病を見逃してしま可能性もあります。二日酔いの症状と風邪の初期症状とが似ているからです。
 
友人の話を聞くと、前日にお酒を飲み翌日二日酔いなってしまった。

しかし、その翌日になっても症状がしばらくとれず、病院に行ってみたら風邪だった。

なんてこともあるらしいです。

しかし、そこで話が終わればよかったのですが、よくよく検査してみたら風邪ではなく肝臓病だった。

と言う話を聞いたことをあります。

ただの二日酔いと侮ることなかれ!二日酔いが多発するようなら注意した方がいいです。

そんな状態だと肝臓が傷んでいる可能性大です。一度病院で診てもらいましょう!
 
【関連記事】
本当に怖い肝臓の病気
急性アルコール中毒の恐怖
一番怖いアルコール依存症

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2020年11月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ