お酒と下痢の関係

お酒は胃や小腸にもダメージが

お酒と下痢の関係お酒を飲んだ後下痢などをしてしまうのは、アルコールにより消化吸収機能が低下してしまったことで下痢になってしまうのです。それと年齢より胃腸機能が低下してしまった場合も下痢になってしまいます。
 
この胃腸機能が低下してしまうとアルコールなのが完全に分解されることがなく、消化吸収を妨げることになってしまい、下痢になってしまうのです。アルコールは肝臓だけではなく胃や小腸にもダメージを与えています
 
アルコールを摂取すると全部が肝臓に送られるわけではなく胃でも吸収します。そのとき胃ではアルコールにより胃粘液が少なくなってしまいます。胃粘液が減ってくるとアルコールが胃を直接刺激してしまい、胃酸の大量に分泌を促します。このため胃炎になってしまい胃の能力は低下します。
 
こうなってしまうと胃で存分に吸収できずアルコール濃度が高いまま小腸に送られてしまうのです。小腸でもやはり高濃度のアルコールは粘膜などを刺激してしまいダメージを与えてしまうのです。またアルコールには全腸運動(小腸の消化・吸収などの送り出し運動)を活発にしてしまいます。
 
全腸運動が活発になってしまうと摂取したものが小腸に留まる時間が短くなってしまい十分な吸収などが行われないため下痢になってしまうのです。
 
体質で下痢になりやすい方もいらっしゃいますが、下痢になりやすいわけでもないのにお酒などを飲んだ後、よく下痢によくなってしまう方はもしかしたら「慢性膵炎」などの可能性があるかもしれません。
 
慢性膵炎には飲酒後の下痢を慢性化してしまうことがあるそうです。お酒を飲んだ後、下痢にしょっちゅうなってしまうという方は一度病院へ行って診てもらった方がいいかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2014年10月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ