肝炎の恐怖

肝炎は放っておくと危険な病気

肝炎何らかの理由により肝臓が炎症をおこしてしまい、発熱や倦怠感などを起こすものが肝炎です。
 
一口に肝炎と言っても様々で、ウイルス性肝炎・アルコール性肝炎・非アルコール性脂肪性肝炎・薬剤性肝炎・自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変などがあります。
 
このなかでも日本の肝炎発症の理由でウイルス性が全体の約80%と多く占めています。

A型肝炎やB型肝炎といったものはウイルス性の肝炎になります。

A型は急性肝炎になりやすく、B型・C型は慢性肝炎になることが多いと言われています。

スポンサーリンク

 
急性肝炎は一過性ではありますが重篤の肝障害を起こしてしまいますし、劇症肝炎を起こす可能性もあります。(劇症肝炎とは発症後8週間以内に高度の肝機能異常や肝性昏睡などを起こす)

アルコール性肝炎も急性肝炎を起こす可能性があります。

 
アルコール性の場合、症状が劇症肝炎と非常に似た経緯を通りますので非常に危険な状態です。

しかし急性の場合、適切な処置を受けることが出来れば高確率で治すことのできる病気です。
 
日常的に表れる症状は、体の倦怠感・頭痛や発熱など風邪に非常に近い症状が現れます。
 
一方、慢性肝炎は六か月以上の肝機能異常とウイルス感染が続いている状態のことを言うのですが、慢性肝炎の場合、急性肝炎に比べれば非常に症状は軽いものです。
 
しかも、日常生活に支障をきたすような症状がでないため、本人でも気が付かない間になってしまう可能性があるのです。

急性・慢性両肝炎を治療せずにほっておいてしまうと、いずれ肝硬変肝細胞癌などに発展してしまう病気なのです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ