一番怖いアルコール依存症

克服するのが難しいアルコール依存症

アルコール依存症アルコール依存症はその名の通りアルコールに依存してしまい、自分ではコントロール出来ないほど飲酒癖が付き、専門的な治療やリハビリを受けないと治す事の出来ない非常に危険な病気です。
 
アルコールは飲むと脳の麻痺作用があるため、飲んでいる時は嫌な事も忘れ、気分を大きくさせてくれる為にアルコール依存症は普段まともな人でもすぐに陥りやすい病気です。

また、ストレスやうつ症状のある人にとっても危険な病気であり、お酒の力を借りる事でストレスやうつ状態から脱出させてくれる気になってしまうのです。

スポンサーリンク

 
海外のセレブや有名スポーツ選手、日本の有名人でもこのアルコール依存症になってしまい、大事な仕事や家族まで失ってしまうという事例は数多く報道されています。

 
このように「社会的な死」を迎えるだけではなく、アルコール摂取過多により色々な重大な病気を発病し、肉体的な死をも迎えるアルコール依存症。

一度なってしまうと自分一人の精神ではこれを乗り越えるのは非常に困難で、運よく周りがサポートしてくれて、専門的な医療機関でリハビリを受ける事でしか助からないことの方が多いのも事実です。
 
お酒は一度口にしてしまうと脳が麻痺し、「次の一杯」へのハードルが非常に低くなってしまいます。

自分で少しでもアルコール依存症の症状がある場合は「最初の一杯」を飲まない事が非常に重要になってきます。
 
まだ症状が軽いうちに然るべき専門の機関でカウンセリング・またはリハビリを早期に行う事が大事で、もし自分の周りの人や大事なパートナーにアルコール依存症の症状が見られた場合はその人のことを思って、勇気を出して専門機関を進めるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ