急性アルコール中毒の恐怖

とても危険!急性アルコール中毒の怖さ

急性アルコール中毒急性アルコール中毒とは短時間に急激にアルコールを摂取してしまい、血液中のアルコール濃度が多くなってしまう非常に危険な病気です。

全国各地で成人式や大学生の新歓コンパなどでよく一気飲みをさせられて死亡してしまうなどの非常に怖い事例も数多く発生しています。

 
急性アルコール中毒の恐ろしい所。

そもそもアルコールは脳を麻痺させる機能を持っています。

それが大脳辺縁部から呼吸や心臓の働きを抑制する脳幹部まで麻痺が拡大し、酷い場合には生命を維持する脳の中枢にまで麻痺させてしまい、呼吸機能や心肺機能まで停止させてしまう事もあります。

スポンサーリンク

 
詳しいデータを見てみると体内の血液に対するアルコール濃度が0.4%以上になると約1・2時間で人間は死に至り、急性アルコール中毒の患者は20代が圧倒的に多く、また、その2/3が男性と言われています。
 
コンパなどで一気飲みを強要され、強いお酒を短時間で飲み干すと体内のアルコール濃度が一気に上昇し、アルコールの分解機能に関係なく(つまりはお酒に強い人・弱い人に関係なく)誰もが陥りやすい非常に恐ろしい症状です。
 
普通はほろ酔い期⇒酩酊(めいてい)期⇒泥酔期⇒昏睡期といった順番で徐々に血液中のアルコール濃度が上がっていくので自覚症状があります。

しかし一気飲みをした場合などは大量のアルコールを摂取する事によりいきなり泥酔期や昏睡期に到達してしまいます。
 
このような場合は急性アルコール中毒を疑い、すぐに救急車を呼ばないと大変危険な状態へ陥る事になります。

アルコール摂取過多により昏睡状態にあるにも関わらず、すぐに救急車を呼ばないなど適切な処置をとらずに最悪の場合死亡してしまったりすると、周りの人間ももちろん刑事罰に問われ、一生を台無しにしてしまう事も多々あります。
 
このように急性アルコール中毒はなった方もさせてしまった方もその後の人生を台無しにする恐れがあり、一番怖いのはこのような状況には一般社会を生きていく上でだれしも陥りやすい事だという事です。
 
急性アルコール中毒は本当に怖いものだという認識を持ち、一気飲みの強要や自分の限界以上のアルコール摂取を控えるなど日頃のお酒の席で一番注意するべき事でしょう。

スポンサーリンク

コメント / トラックバック 1 件

お酒とタバコの関係 | 二日酔い対策情報館

[...] お酒とタバコの関係は最悪というのは一般的にも広く知られる所です。タバコを吸う喫煙者の方ならお分かりかと思いますが、お酒を飲むとタバコの量が増え、次の日の二日酔いの気持ち悪さも倍増するほどの悪循環です。   タバコは昔から「百害あって一利なし」とよく言われますが、何がいけないのしょうか?まず、タバコは肝臓がアルコールを分解するのに必要なビタミンCを破壊します。タバコ1本で相当量のビタミンCが破壊され、肝臓の代謝機能を驚くほど低下させる原因となってしまいます。   更に、タバコに含まれる「ニコチン」という中毒性のある物質によって、体内の血管が収縮され全身の血行が悪くなり、体内の臓器の働きを鈍らせてしまう事になり、肝臓だけではなく胃にも負担をかけ、これが当日や翌日の吐き気の原因を倍増させる事となってしまいます。とにかくこの「中毒」というのはやっかいなもので、アルコールも「急性アルコール中毒」などありますので特に避けたい症状です。   昨今の健康ブームで一番被害(?)を受けているタバコですが、二日酔いを増幅させるだけでは無く、肌荒れ・口臭の悪化などはもちろん、症状が酷いと、高血圧症・脳腫瘍・糖尿病・知覚障害、更には胃ガン・肺ガン・喉頭ガンなどの重大な病気に発展していきます。   こうしたリスクを考えるとタバコは吸わないのが一番ですが、喫煙者にとって酒とタバコはなかなか絶つのが難しいものです。長期的に自分の体と向き合い上手に付き合っていく事も大事なのかもしれません。 [...]

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ