肝臓がんの恐怖

肝臓がんは早期発見・早期治療がカギ

肝臓がん肝臓に発症した悪性の腫瘍を「肝臓癌(肝臓がん)」といいます。
 
肝臓癌には肝臓自体が発症元の「原発性肝癌」と他の部分で発症したものが転移し発症した「転移性肝癌」の二つがあります原発性肝癌は肝細胞から発症するものが90%となっています。
 
転移性肝癌は肝臓に流れてくる血液内に他の部位で発症した癌細胞が混じっておりそれに感染してしまい発症したものです。

また転移性の場合、原発性とは症状が違います。

転移してきた癌細胞発症元の症状が出ることがあります。

肝臓癌は男女ともに中高齢になるほど発症する可能性が高くなっていきます。

スポンサーリンク

 
肝臓癌の初期症状は痛みなどがなく自覚出来ないので、癌が進行し、他の症状が出ないと発見が遅れてしまうこともあります。

肝臓癌の主な症状は全身の倦怠感腹部のしこり、黄疸などがみられます。

 
ですがこのような症状が自覚出来るようには肝臓癌が進行してからやっとみられるようになるので、肝臓癌が末期症状に近いところまで進行している恐れがあります。

肝臓癌が骨転移することも近年多くみられるようになってきました。
 
その要因として考えられているのは、昔より寿命が長くなり骨に転移する可能性が増えたことが原因と考えられています。

肝臓癌は末期まで進行してしまうと、現代の医学では十分な効果を発揮するような治療法はなく残りの余命をどうするかを考えなくてはならなくなります。
 
このような悲しい結果になってしまう前に、日頃から診断などを受けるようにして、早期発見・早期治療がとても重要なのです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年1月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ