迎え酒の真相

迎え酒は本当に効果があるの?

迎え酒「二日酔いには迎え酒」これはまさしく愚の骨頂。
 
昔から、迎え酒というのはよく聞きますし、実践している方も少なからずいらっしゃることでしょう。

しかし、これほど愚かなことはありません
 
確かに二日酔いになったしまった時に、迎え酒はよく効くことでしょう。

しかし、迎え酒で二日酔いの症状が軽減されたとしてもそれは決して二日酔いが治ったことにはなりません。

むしろ二日酔いに拍車をかける結果になりかねません。

スポンサーリンク

 
二日酔い状態でお酒を飲むと脳が麻痺を起します。

脳が麻痺を起こしたことにより、一時的に二日酔いの不快感から解放されただけです。

しばらくすれば再び不快感は帰ってきます。
 
お酒を飲むということは体内に再び二日酔いの原因アセトアルデヒド作ってしまうことになるのです。

そんなことをしてしまえば二日酔いの症状が緩和されるどころか悪化させてしまう事だってあり得ます。

体内にすっとアセトアルデヒドがある状態が維持されるのですから不快感は何時まで経っても付きまとってきます。
 
しかもその間も肝臓は絶えずアルコールの分解作業を続けているわけですから肝臓にとっても非常に負担がかかってしまうのです。

それはよろしくありません。
 
二日酔いになるたびに迎え酒をしていては、アルコール依存症にだってなりかねません

二日酔いを治したいのならば迎え酒ではなく、十分な水分をとることがなにより重要なのです。

それと十分な休養が必要です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ