日本人のほとんどはお酒に弱い人?

お酒に弱いアジア人

日本人日本人に限らずアジア人と呼ばれている黄色人種の半分はお酒に弱い人種と言われています。
 
黄色人種の半数がアセトアルデヒドを分解するためのアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人とその分解酵素がまったく働かない人たちなのです。
 
しかもこの分解酵素には2種類存在しています。

体内にあるアセトアルデヒドの高い時にだけ働くものと濃度が低い時にしか働かないものがあります。

人間は本来、高低両濃度に働く分解酵素を持っていたはずなのですが、遥か昔に発生した突然変異によって分解酵素が低濃度時に働きが弱い、もしくは低濃度時に働かない人種が生まれたそうです。

スポンサーリンク

この突然変異は黄色人種にしか起きていなく他の人種(黒色人種・白色人種)には現れていないそうです。

 
この低濃度時で働く酵素の働きが弱いもしくは働かない人達はアルコール分解時に発生するアセトアルデヒドを速やかに分解することが出来ないため、少量のアルコールでも酔っ払ってしまうのです。

特に黄色人種のなかでも日本人の場合この低濃度時に働く分解酵素が働きの弱い、またはまったく働かない人が人口の約半分を占めているそうです。
 
そのうえ、お酒などアルコールに対しての強弱は遺伝するので、親がお酒に強ければお酒に強い子が、親がお酒に弱ければお酒に弱い子が生まれるのです。

黄色人種の中でも日本人はお酒に弱い人種なのかもしれません。

しかし遺伝とはいえ、その後お酒に強くなることは可能かもしれませんが、あまりお勧め出来るようことではありませんし、お酒に強くなろうとして無理をして体を壊してしまっては本末転倒になってしまうので、弱いなら弱いなりに自分が飲める範囲の飲み方をすればいいのです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2018年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ