二日酔いと嘔吐

辛い二日酔い時の嘔吐

二日酔いと嘔吐アルコールを摂取すると、アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。

そしてさらにアセトアルデヒドが酢酸、酢酸が水・二酸化炭素へと分解され体外へと排出されます。
 
このアセトアルデヒドというものは毒素が非常に強く、その毒素により頭痛や嘔吐などといった症状を引き起こします。

さらに嘔吐にはアセトアルデヒドだけではなく、「胃」も関係しているのです。

体内に摂取されたアルコールは胃や小腸でも吸収されます。

胃では摂取されたアルコールの約30%もの量を吸収するそうです。

スポンサーリンク

 
その摂取されたアルコールにより、胃粘液が刺激され、大量の胃酸の分泌を促してしまいます。

この胃酸により胃が炎症を起こしてしまいます。胃炎を起こしてしまった胃はこれ以上負担をかけないようにと余分なものを体外へと排出するように働きかけます。

これが、吐き気や嘔吐の原因とされています。
 
しかし、原因はこれだけとは言いきれません。他の原因でも嘔吐は引き起こされます。それが食べ物によるものです。

お酒を飲む際に一緒に何か食事もすると思います。
 
これもまた嘔吐の原因ではないかと言われています。

食べ物を摂れば当然胃は働きだします。
 
食べ物の消化事態大変な作業なのにそこへ飲酒によるアルコールの摂取などがかさなり胃事態を疲れてしまいます。

嘔吐や吐き気の大きな原因は、もちろん主犯格のアセトアルデヒドであることは間違いありません。

がしかし共犯である、アルコールによる胃炎、食べ物摂取による胃への負担増などによる効果が、二日酔い後にくる嘔吐や吐き気原因でもあるのです。

スポンサーリンク

コメント / トラックバック 1 件

二日酔いの症状 | 二日酔い対策情報館

[...] 二日酔いの症状と言っても千差万別。軽いものから思いものまで色々あります。頭痛・吐き気・喉の渇き・体の震えなどがあります。   アルコールには血管を拡張させる働きがあるので、拡張してしまった血管により周りの神経などが圧迫されてしまい頭痛などを引き起こします。他にもアルコールの大量摂取は胃の働きを低下させてしまうため体内に摂取された食べ物や飲み物が消化されず取り残されます。胃の中に消化されきれていないのもが沢山あるのですから、後から入ってくるものを防衛本能で体外に出そうとするのです。   これが吐き気や嘔吐につながります。胃の中が空つまり、お酒を飲む前に何も食べず飲んでしまうとアルコールそのものが胃粘液を刺激してしまい、胃酸が大量に分泌され胃炎を起こしてしまうこともあります。アルコールが分解される時に発生するアセトアルデヒドのせいで脳活動が抑制されてしまい、記憶力や判断能力などの低下や運動能力までも低下してしまう。   そのためいきなり大声を出してしまう場合や、真っ直ぐ歩くことすら出来なくなってしいます。また二日酔いの最中は酷く喉が渇くのは、アルコールの利尿作用により体内の水分がなくなり脱水症状になっていることが原因であるでしょう。前日の記憶が無いということもあります。翌日になっても体内に分解されきれなかったアルコールが残っている場合、酩酊感や足元がふらつくなど、まだ酒に酔っている状態が残っているなど様々でしょう。 [...]

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年3月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ