酔っ払いとストレスの関係

ストレスは悪酔いの元

ストレスよく、ストレスが溜まっている時にお酒を飲むと悪酔いすると言われます。

このストレスはいったいなにがいけないのでしょうか?
 
ストレスが溜まると胃を始め、体内の内臓機能に支障をきたすといわれています。

アルコールを分解する上で非常に大事な肝臓や胃の機能が低下してしまうと普段と同じ量を飲んでもいつもみたいにアルコールを分解してくれず、結果として悪酔いしたり、次の日に二日酔いになってしまったりするという訳です。

スポンサーリンク

 
また、接待やお見合いなど非常に緊張する場面では急激にストレスが溜まり、それを紛らわそうとお酒をのみすぎる傾向もよくみられますが、当然ながらその場合も酔っ払ってしまったり、次の日に気分が悪くなる原因となる訳です。
 
現代社会はストレスが溜まりやすい傾向にあるとよく言われてますが、ストレスがまったく無い人なんてこの世に存在しないので、ちょっとでも悩んでいる事があるとか緊張する場面ではお酒を自重する、もしくはいつもよりスローペースで飲むなど、自分の体をいたわる行動が大事になってきます。
 
悩みやストレスがあると余計にお酒に逃げたい気持ちになるのはよく分かりますが、体調が万全で無いときにお酒を飲みすぎると悪酔いや二日酔いといった症状ばかりではなく、ひどくなると急性アルコール中毒やその他肝臓の重い病気の原因になってしまう場合もあります。
 
できる事ならばお酒以外のストレス発散法を自分なりに見つけ出し、お酒は気分よく飲むのが一番いいのかも知れません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年1月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ