二日酔いと『代謝』の関係

代謝機能アップが二日酔い対策にも

代謝飲酒などでアルコールを摂取すると、肝臓に送られ分解され体外へと排出されます。

ありコールは分解酵素によりアセトアルデヒドに分解されさらに酢酸になり最後には水や二酸化炭素などに分解されます。
 
分解途中で発生するアセトアルデヒドには非常に強い毒素が含まれておりこの毒素によって引き起こされるのが二日酔いなのです。

人体には元からアルコールを代謝する能力は備わってはいるもの、代謝能力は個人によって違います。
 
その代謝能力を超えてしまうと二日酔いになってしまうのです。

スポンサーリンク

言い方を変えれば、この代謝能力を超えることがなければ二日酔いにはならないのです。
 
日ごろからこのようなことを気にしながらお酒を飲む事が出来ればよいのですが、よっぽど気にしていなければいけないので、大変だと思いますし、そんなことを考えず飲みたい日もあるかと思います。

 
ではどうするか?

二日酔いは自身の代謝能力を超えてしまった時起こるのですから、代謝能力を上げてしまえば二日酔いになりにくくなるのです!

ですが残念なことにこの能力は日本人のような黄色人種は元々この能力が低い、もしくは、まったく無かったりするのです。

そこで元から代謝能力が低くい、無いのであれば、他から持って来ればいいのです!
 
代謝を効率よくしてくれるものをお酒など飲む前後に摂取しアルコール代謝の効率を上げることが出来れば二日酔いに『ならない』とまでは言えませんが二日酔いに『なりにくく』することは可能なのです!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ