お酒が合う人合わない人

お酒が合わない体質

お酒が合う人合わない人同じお酒の量を飲んでいるのに全然普通で酔っ払わない人、最初の一杯で全身真っ赤になりベロベロになっちゃう人、お酒に対する反応って人それぞれですよね?

それではお酒が合う人合わない人、強い人弱い人の何が違うのか見ていきましょう!
 
お酒が強いか弱いかというのは、その人が持つ「アセトアルデヒド脱水素酵素」の遺伝子構造によって違うと言われています。

活性型の「アセトアルデヒド」を肝臓が代謝する能力が優れた「ggタイプ」、全くアセトアルデヒドを代謝しない非活性型の「aaタイプ」、その両方を併せ持った「agタイプ」の三種類が存在します。

 
この三種類のうち「aaタイプ」「agタイプ」の人はアセトアルデヒドがいつまでも分解されずに体内に残り、お酒の影響を受け易いというわけです。

スポンサーリンク

いわいる「お酒に弱い人」「お酒が合わない人」はこのタイプに属するのだと思います。
 
特に「aaタイプ」の人は最初のビール一杯で信じられないくらい酔っ払ったり、アルコール濃度の弱いジュースみたいなカクテルでもベロベロになり記憶を喪失してしまったりと「お酒を全く受け付けない体質」となるわけです。
 
グローバルに全世界の人種別に見てみると黒人・白人は「ggタイプ」で「aaタイプ」や「agタイプ」は存在しないと言われています。

よくロシア人が強いウォッカを平気でぐいぐい飲んだり、アメリカ人が水を飲むみたいにテキーラを飲み干すのも納得です。
 
さて、私たち日本人はどうでしょう?
 
日本人をはじめとするモンゴロイド(黄色人種)は「aaタイプ」が5%、「agタイプ」が45%位存在すると言われています。

つまり日本人の半分は「お酒に弱い人」ということになりますね。
 
自分がお酒が強いか弱いかは大体の人はこの記事や今までの体験でお分かりになると思います。

「aaタイプ」や「agタイプ」が無理にお酒に強くなろうと思っても、もともと持ち合わせている能力が「ggタイプ」の人とは圧倒的に違い、一番大事なのは己の限界を知り、上手にお酒と付き合っていくという事なのかもしれませんね。
 
【関連記事】
日本人のほとんどはお酒に弱い人?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ