それぞれのお酒の特性を知る

お酒にも色々種類がある

特性お酒といっても数多くの種類があり日本独特のもの、外国から入ってきたものいろんな種類があります。

また、含まれるアルコールの濃度も種類によってバラバラで何も知らずに出されたお酒をほいほい飲んでいたら非常に危険です。

ここでは有名なお酒の特性をしり、自分にあったお酒を見つけて楽しいお酒ライフを送りましょう!
 
ビール
主に大麦を発芽させた麦芽を、ビール酵母でアルコール発酵させて出来たのばビールです。

ドイツが非常にビールで有名ですが、発祥はメソポタミア文明のシュメール人が最初に作ったと言われています。

スポンサーリンク

アルコールの濃度は日本では5%くらいが一般的で、比較的飲み易く、一番広く消費されているアルコールだと言えます。

日本の各飲料メーカーもこぞって販売し、コマーシャルの種類も多岐に渡ります。
 
焼酎
焼酎の定義は非常に難しいものがありますが、「酒税法」と言われる法律では次の条件を満たす飲み物を焼酎としています。

・発芽した穀類を使用していない
・白樺の炭などで濾過していない
・蒸留時に別途定められている物品以外を添加しない
・アルコール度数が連続式で36度未満、単式で45度以下である
 
焼酎の醸造は九州が非常に盛んで、長崎の麦焼酎、鹿児島の芋焼酎、熊本の米焼酎などが非常に有名です。その他にも沖縄の泡盛など地域の特色を生かした焼酎も数多く出ています。
 
アルコール度数は20度を超えるものが多く、もちろんロックやストレートでも飲めますが、お水やお湯などで割ると非常に飲みやすく、女性にも多く親しまれています。
 

スポンサーリンク

ワイン
ワインは主にブドウの果汁を発酵させて作るものであり、日本では葡萄酒と呼ばれる事もあります。

赤ワインと白ワインがあり、生産国はフランスが非常に有名です。

また、作られる年代や種類も豊富で貴重なものになると非常に高価な値段で売買される事もしばしばあります。
 
アルコールの濃度は一般的には白で12度、赤で15度くらいです。
 
オシャレなイメージでセレブや有名人にもワイン好きが多く、その知識や趣向を前面に出してワインマニアを自称する有名人も数多く存在します。
 
その他にもブランデー・ウイスキー・カクテル・梅酒など数多くのお酒がありますが、全ての種類を1日で飲むと悪酔いする原因にもなりかねませんので、誰か友達が自分が飲んだ事のないお酒を飲んでいたら一口だけ飲ませてもらい、いろんなお酒を経験した上で自分にあったお酒も見つけるというのも一つの手かもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2019年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ