肝臓を守るウコンのパワー

ウコンは二日酔い対策に最適

ウコン近年、ウコンを使った二日酔い対策のドリンクやサプリメントが次々と登場し、酒飲みの間ではもは定番となった「ウコン」。

では何故ウコンが二日酔いに効くと言われているのでしょうか?

ウコン、別名「ターメリック」はカレーなどにも含まれる植物の事を言います。

日本では沖縄で生産される事が多く、「春ウコン」や「秋ウコン」などの種類があります。

私達がよく手にするウコンは「秋ウコン」の方です。

スポンサーリンク

ウコンの中に含まれる「クルクミン」という成分が非常に万能で、アセトアルデヒドを排出してくれる胆汁(肝臓で作られる消化酵素)の分泌を活発に促すことで体内からアセトアルデヒドを無くすのに一役買ってくれるという訳です。

アメリカの学会や日本の関連省庁がウコンの成分の有効性について発表した例も多く、特に注目されているのが「活性酸素」を撃退してくれる役割です。

この「活性酸素」は人間が生きていくうえで非常に有害であり、これを抑える働きは若返りや健康を維持する上でとても重要なのです。

ウコンに関連する書物もおおく世の中には出回っており、その多くにウコンのしられざる薬効も記載してあるほど注目を集めています。

お酒が大好きな人に限らず、生活が不規則な現代人をサポートしてくれる力強い味方となってくれるでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2017年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ